Digi:reBUILD logo



当社は、歴史的、文化的に重要な美術工芸品や文化財をより高精度にデジタル保存するために、造形物の高精度3Dデジタル化に特化した技術開発を進めてきました。

モノである以上長い時間の中で劣化してしまう美術品や文化財。
実物を維持するための修復で変化してしまうこともあります。

変化していく重要な造形作品の「今」を保存し、世界中の誰もが体験可能な高精度オンライン3Dデータとして未来に遺す。

Digi:reBUILD [ディジ・リビルド]は、文化と歴史を未来へ紡ぐ取り組みです。



Digi:reBUILD REAL to 3D Digital




■ 文化と歴史をつなぐための再構築。[reBUILD] ■


〜 造形物の再構築 〜
文化的に貴重な造形物を、劣化することのない3Dデジタルデータとして再構築します。

〜 3Dデジタル化技術の再構築 〜
既存の3Dデジタル化技術を再構築し、細密な表面情報を3Dデータとして再現する独自フローを開発しました。
高精細化にむけて丁寧に三次元化と二次元化(平坦化)の繰り返す、つまり再構築を繰り返す独自手法です。




■ 高精細3Dデジタル化技術 ■


当社では美術工芸品や文化財などのデジタル化に向け、極めて高精細な3Dデータを生成するための独自手法を開発しております。
微細な凹凸や質感までデータ化し、実物以上によく把握することができます。



Digi:reBUILD 3D Data


Digi:reBUILD 3D Data




■ 3Dデータ化 x オンライン体験 ■


Digi:reBUILDでは、スマホ、PCやMacなどの画面を通して3Dデータ化した作品を見ることができます。
画面ではまるで実物が手元にあるかのように作品を動かしたり、アップにして詳細まで確認することもできます。
Webリンクをクリックするだけで体験でき、特別なアプリは不要です。


Digi:reBUILD Online3D VR




■ オンライン体験のちょっと応用。AR(拡張現実) ■


スマホの画面を通して、実際の空間に3Dデータを出現させます。
ARもwebリンクをクリックすれば体験可能。
また、ARは実際のサイズで出現させることができます。


Digi:reBUILD AR




■ “オンライン体験”だけではない、3Dデータだからできること ■



〜 実物では認識しづらい凹凸感などの把握 〜

たとえば下図のように色要素だけを非表示にすれば、色と同時では視認しづらい微細な凹凸や光沢質感などをよく把握できます。
この点は3Dデジタル化による恩恵の一つだと考えています。


Digi:reBUILD 3D data enable a user to see hidden details of the objects.


同様に他要素を非表示にすることも可能です。
 ・微細な凹凸を非表示にして他要素をよく把握する。
 ・光沢質感を非表示にして他要素をよく把握する。
 ・金属質感を非表示にして他要素をよく把握する。




■ 3Dデジタル化、Digi:reBUILDのご依頼、ご相談について ■

 


Digi:reBUILDは、一般的な3Dデジタル化技術より多くの作業工程と質感調査を実行するものです。
したがってコンテンツ開発には、撮影作業開始日から最短でも2週間のお時間を頂戴します。
金額については対象物を調査させていただき対応リソースを算出し、都度ご提案させていただきます。

参考事例の刀剣の場合、以下のご納品データ構成で15営業日ほどの開発作業期間とおおよそ40万円(税抜)の費用を頂戴します。


・元データとなるハイポリゴン版の3Dデータ
    (高精度3Dスキャンをした段階の参考用データ。細密部分の再定義作業は未処理。)

・Digi:reBUILD最終処理まで施したOnline3Dデータ
    (複数ファイル形式も対応)


※基礎的なAR組み込み用コードや汎用オンライン3Dビューアへの組み込みがお役に立つ場合は、料金の範囲内でご協力いたします。
オーダー開発となるインタラクションを組み込んだAR、当社Online3D Engineを用いたシステム開発は別途開発費を頂戴いたします。
※Online3Dデータとテクスチャデータのご提出ファイル形式は、追加開発作業が発生しない範囲で柔軟に対応いたします。
※開発作業期間は実際に作業にあたる想定期間です。プロジェクト全体のスケジューリングはご相談期間や対象物・撮影場所の検討等のお時間を別途考慮する必要がございます。

同技術で高精細化可能なものか、どのように事業に活用できるものかなどご不明点が多いことと思います。
ご条件がDigi:reBUILDに合わない物であっても、別技術のご提案や他の適切な業者様のご紹介もできる可能性がりますので、ご検討の場合はぜひ一度下記webサイトよりご相談ください。

お問い合わせ窓口 URL : https://www.stockgraphy.com/jp/#contact




・被写体刀剣協力:個人蔵 金子 真
・実物写真提供:Tomoko Mizushima